コーヒーマシンの安全な使い方と清潔に保つための心得

コーヒーマシンは自動的にコーヒーを抽出できる機器で、誰でも簡単に操作できる利便性の高さから広く普及しています。

また、機器によっては様々な味付けを施す機能が搭載されている物もあるので、一台の機器で複数の味を楽しむことも可能になっています。

その一方でコーヒーマシンは用途の性質上、熱湯を扱うことから火傷を負わないように注意する必要があります。

多くのコーヒーマシンは水道水などの冷水を内部の電熱器で加熱したうえでコーヒーを抽出する仕組みになっています。



そのため、機器の内部には水垢やコーヒーの飛沫などがこびり付くことがあり、そのまま放置するとカビや害虫などが発生する不潔な状態になってしまいます。



内部が不潔な状態のまま使用を続けるとコーヒーの風味が落ちるだけではなく衛生面でも問題が生じることになるので、こまめに清掃を行って内部の汚れを取り除くことが機器を管理する者の務めです。



コーヒーマシンの清掃は内部の構造に適した方法で行う事が汚れを効率的に除去するための条件になります。


コーヒーの成分が残っていると細菌が繁殖してしまうので、部品の結合部分や配管の内部は特に入念に清掃を行うことが大切です。
また、水を加熱する電熱器の部分は安易に触ると怪我や機器の破損に繋がるので、説明書の内容に従って慎重に扱うように心がけます。正しい手順でメンテナンスを行う事がコーヒーマシンの性能を保ち、美味しいコーヒーを楽しむための心得になります。